SFCとは

ほとんどの航空会社には"ステイタス"と呼ばれる会員グレードがあり、そのグレードによって 優先レーンが用意されていたり、手荷物の優先的取り扱いがあったりとさまざまな利益を享受 することができます。

日本の2大エアラインの1つであるANAにもダイヤモンドやプラチナなどのステイタスが用意されていて、 その中の「スーパーフライヤーズ会員」になると、ANAの上級会員向けのサービスを半永久的に受けられます。 その「スーパーフライヤーズ会員」になるため、もしくはその他のステータス(有効期限1年間)になるために ただひたすら飛行機に乗ることを巷では「修行」と読んでいます。

このページでは修行のために必要な最低限の知識、マイレージやプレミアムポイントについてまとめています。

目次

ANAのステイタス(*1)

SFCの前に、まずANAにはブロンズ・プラチナ・ダイヤモンドの3つのステイタスがあり、 1年間(1~12月)のフライト実績に基づいて翌年度のステイタスが決まります。 フライト実績というのは、プレミアムポイントというポイントを何pt貯めたかということです。
=1年間で溜まったプレミアムポイントのポイント数で翌年度のステイタスが決定する。

まず、それぞれのステイタスになるために必要なプレミアムポイント数は次の通りです。

・ブロンズプレミアムポイント30,000pt以上
・プラチナプレミアムポイント50,000pt以上
・ダイヤモンドプレミアムポイント100,000pt以上

ここでSFCですが、SFCとは「Super Flyers Card」の略で、「スーパーフライヤーズ会員」になると 得られるカードのことです。「スーパーフライヤーズ会員」は、ANAの上級会員向けのサービスを半永久的に 受けられるステイタスのことで、スーパーフライヤーズ会員になるためには、ダイヤモンドor プラチナステイタスになることが必須です。 (=ダイヤモンドorプラチナステイタスの年に、スーパーフライヤーズに申し込むことで会員になることができます。)

ステイタスには欠かせない「プレミアムポイント」ですが、これはマイルと違い、飛行機に乗ることでしか 貯めることができません。だからSFC修行をする人は、「ダイヤモンドorプラチナステイタス」を目指して1年間 飛行機に乗りまくります。

わたしは財力的にプラチナステイタスを目指すことにしました。

ステイタス別サービス一覧

ブロンズ、プラチナス、スーパーフライヤーズ、各ステイタスでのサービスを表にまとめました。(ダイヤモンドは省略)

プラチナスにあって、スーパーフライヤーズにないサービスは
 ・国際線事前座席指定料金の免除
 ・国内特典航空券/いっしょにマイル割先行予約
 ・ANAゴールドカード特別ボーナスマイル
の3つです。

サービス内容ブロンズプラチナスーパーフライヤーズ
プレミアムメンバー専用サービスデスク
ANA LOUNGEの使用
座席クラスのアップグレード
国内線先行予約
国内線座席指定の優先
国際線事前座席指定料金の免除--
予約時の空席待ち優先
国内特典航空券/一緒にマイル割先行予約-
国際線特典航空券/アップグレード特典の優先-
優先チェックインカウンター
手荷物受取優先-
手荷物許容量優先/td>
専用保安検査場利用-
優先搭乗-
羽田空港駐車場優先予約-
香港国際空港優先レーン
アップグレードポイント
フライトボーナスマイル
ANAゴールドカード特別ボーナスマイル-
マイル→SKYコインへの特別倍率交換
アップグレードポイント→SKYコインへの交換
SF会員ネームタグ--

プレミアム事前サービス(*2)

翌年度のステイタスが決定するのは、12月末日。そしてそのサービスが受けられるようになるのは4月からです。 それより早く各ステイタスに必要なプレミアムポイントを貯めきると、正式にサービスが受けられる翌3月末日まで 事前サービスを受けることができます。

具体例)2022年に修行を初めて、2022年3月末日までに50,000pt貯めると、プラチナステイタスと承認された時点 から2023年3月末日までプラチナステイタスのサービスを受けることが出来る。(2023年4月からは正式にプラチナ メンバーとしてサービスを受ける。)

だから、修行は早めに終わるとお得感があるので、1~3月に頑張る人が多いです。

フライトマイル

マイルはANAマイレージクラブで貯まるポイント。
飛行機に乗ることはもちろん、プレミアムポイントとは異なり、クレジット決済などで貯めることができます。

マイル算出方法[国内線]
[フライトマイル]=[搭乗区間基本マイレージ]×[運賃種別毎の積算率]

-[搭乗区間基本マイレージ]
 区間ごとに定められたマイル数。 IATA(国際航空運送協会)より発行されるTRM(運賃計算に使用する区間距離)を基準としている。 (*3)

-[運賃種別毎の積算率]
 ANAが設定している運賃タイプに基づくパーセンテージ。

150%プレミアム運賃など
125%ANA VALUE PREMIUM 3
ANA SUPER VALUE PREMIUM 28など
100%ANA FLEX
ビジネスきっぷなど
75%ANA VALUE1,2,3
ANA SUPER VALUE21,28,45,66,76
ANA SUPER VALUE EARLYなど
50%ANA SUPER VALUE SALEなど

マイル算出方法[国際線]
[フライトマイル]=[搭乗区間基本マイレージ]×[予約クラス毎の積算率]

-[搭乗区間基本マイレージ]
 区間ごとに定められたマイル数。 IATA(国際航空運送協会)より発行されるTRM(運賃計算に使用する区間距離)を基準としている。 (*4)

-[予約クラス毎の積算率]
 予約クラスは航空券予約時に乗りたい便を選択すると、「事前座席指定・予約クラス」の欄で 確認できます。

プレミアムエコノミーG E100%
N70%
エコノミークラスY B M100%
U H Q70%
V W S50%
L K30%

プレミアムクラスにアップグレードしたときのマイル計算
 2日前からの手続きでアップグレードした場合、(*5) 元々購入した運賃に一律+50%加算。

プレミアムポイント

プレミアムポイントは、フライトマイルとは別に飛行機に乗ると貯まるポイント。

プレミアムポイント算出方法
[プレミアムポイント]=[フライトマイル]×[路線倍率]+[搭乗ポイント]

-[路線倍率]
 国内線:2倍
 国際線:日本発着のアジア/オセアニア/ウラジオストク線:1.5倍、その他の路線:1倍

-[搭乗ポイント]
 →国内線
  ANAが設定している運賃タイプに基づき決まる。

400ptANA VALUE PREMIUM 3
ANA SUPER VALUE PREMIUM 28など
0ptANA SUPER VALUE21,28,45,55,75
ANA SUPER VALUE SALE
ANA SUPER VALUE EARLYなど

 →国際線   ANAが設定している予約クラスにより決まる。

プレミアムエコノミー-400pt
エコノミークラスY B M400pt
その他0pt

プレミアムクラスにアップグレードしたときのプレミアムポイント計算
 2日前からの手続きでアップグレードした場合、(*5)
 [フライトマイル]:アップグレード後のフライトマイル×2
 [搭乗ポイント]:元の購入運賃に準ずる

計算例)OKA-HND線をSuper Valueで購入し、登場した場合
[マイル]=[搭乗区間基本マイレージ]*[運賃種別毎の積算率]から、
 [マイル]=[984]*[75%]=738マイル

[プレミアムポイント]=[マイル]*[路線倍率]+[搭乗ポイント]から、
 [プレミアムポイント]=[738]*[2]+[0]=1476pt
となります。

アップグレードでプレミアムクラスに搭乗した場合は、
[マイル]=[984]*[75%+50%]=1230マイル
[プレミアムポイント]=[1230]*[2]=2460pt
となり、マイルは約500マイル、プレミアムポイントは約1000ポイント増えたことになります。

*5:プレミアムクラスへのアップグレード 搭乗日2日前からプレミアムクラスに空席があれば、 ANA公式webサイトやアプリで有料アップグレードできる。(OKA-HNDの場合+14,000円)

PP単価

お金に限りがある修行で、一番考えなければならないのが「プレミアムポイント単価」。 略してPP単価と言われるものですが、これは1プレミアムポイントを何円で 買っているかを示す数字で、

[PP単価]=[航空券代]÷[獲得できるプレミアムポイント]

で算出できます。

修行代を安く抑えたいなら、このPP単価が出来るだけ低めになるようにフライトスケジュールを立てなければ なりません。

このPP単価は、一番低い値で6円台と言われており、国内線で考えると長距離かつ便数も多い羽田-那覇線が 一番効率が良いとされています。

検証)2020/1/25 羽田-那覇線
片道価格:9,010円(SUPER VALUE75)
獲得プレミアムポイント:1,476pt
PP単価:[9010]/[1476]=6.1円/pt

このPP単価で修行を続けることが出来れば、プラチナステイタス(50,000pt)まで航空券代総額305,000円も 夢ではありません。ですが、羽田-那覇線が片道1万円を下回るのはオフシーズン(冬)のみ。なので 勝負は1月から長くて4月。その間鬼のように羽田と那覇を行き来すれば達成できます。(単純計算で約17往復)

わたしはやりませんでしたが、国際線を利用する際はANAと同じスターアライアンスグループの「エアチャイナ」 を利用したり、海外発券(ANAの海外用webサイトで航空券を購入すること。発着地が海外になるのでそれとは別に 日本に帰るための航空券の購入が必須。)などをすれば効率的に修行できるようです。

ゆるいポイ活

coming soon...