B777の歴史

1980年代、Boeing社がB767の後継機の開発計画を開始。
1986年暮れ、Boeing社は市場調査を開始。 UAL(ユナイテッド航空)、ANA(全日本空輸)、BAW(ブリティッシュ・エアウェイズ)、 JAL(日本航空)、CPA(キャセイパシフィック航空)、AAL(アメリカン航空)、DAL(デルタ航空)、  QFA(カンタス航空)に対しては、機体設計にも意見を求めた。
1989/12/8、「767-X」として航空会社に提案される事が決定。
後に"MD-11"、"A330/340"に対抗し、"B767-300"と"B747-400"の間を埋める機材として 開発することになったため、エアラインの要望からB767の胴体を捨て、より太い真円断面を 用いた大きな胴体を、コクピットはB767のものではなく当時最新のB747-400スタイルに最新技術を 盛り込んだものを開発することになった。
1990/10/15、UALが34機発注。
1990/10/29、開発に着手することが決定。(正式ローンチ)
機体名も「Boeing777」に変更された。

目次

B777-100

B777の基本型であるB777-200より胴体を短縮し、航続距離を延ばしたタイプ。

しかし、収容力の小ささ、座席あたりの運航コストの上昇、-200/300型機でも-100型で計画していた 超長距離飛行が可能になりそうということなどから製造されることなく計画は無くなった。

B777-200

B777シリーズで基本型として初めて開発されたタイプ。

1994/4、PW4077エンジンを搭載した試験機第1号機(N7771)がロールアウト。
1984/6/12、初号機N7771が初飛行。
1995/4/19、PW4077エンジンのB777-200がFAA/JAAの型式証明を取得。
1995/5/7、B777-200(N777UA)をUALに引渡し。
1995/6/7、UALでN777UAが初商用運航。
1995/11/9、GE90エンジンのB777-200が型式証明を取得。
1996/4/3、Trent800エンジンのB777-200が型式証明を取得。

日本のエアラインは当時のANA、JAL、JAS三社とも導入。

現在(2021年2月時点)、B777-200LR/300ERの台頭で-200の生産は終了し、 -200は2001年12月31日にANAが発注したのが最後になった。[総生産数88機]

B777-200ER

B777-200より航続距離を延長したタイプで、 当初は-200IGW(Increased Gross Weight)と呼ばれたが、 後に-200ER(Extended Range)に変更された。

1991/6/14、AFRが初発注。
1996/10/7、初号機が初飛行。(登録記号不明)
1997/1/17、型式証明を取得。
1997/2/6、B777-200ERをBAWに引渡し。(登録記号不明)
名称が「777 IGW」から「777-200ER」に変更された。
1997/2/9、BAWで初商用運航。(登録記号不明)

日本のエアラインは当時のANA、JALが導入。ANAは従来の-200発注分で型式切替えを行った。

現在(2021年2月時点)、B777-200LR/300ERの台頭で-200ERの生産は終了し、 -200は2009年12月21日にANAが発注したのが最後になった。[総生産数428機]

B777-300

B777-200ERの胴体を延長したタイプ。

1995/6/4、パリ航空ショーで公式ローンチ。
ANA/CPA/KAL/THAが発注する移行を示した。(計31機)
1987/9/8、Trent892エンジンのCPA向け初号機がロールアウト。(登録記号不明)
1997/10/16、初号機が初飛行。(登録記号不明)
1998/5/4、型式証明を取得。
1998/5/21、初号機がCPAに引渡し。
1998/5/28、CPAで初商用運航。

日本のエアラインは当時のANA、JALが導入。ANAのB777-300は1997年10月20日にロールアウト、 同年11月15日に初飛行した。

現在(2021年2月時点)、B777-200LR/300ERの台頭で-300の生産は終了し、 -300は2004年3月29日にCPAが発注したのが最後になった。[総生産数60機]

B777-200LR

B777-200ERよりさらに航続距離を延長したタイプ(Longer Range)。 B777-300ERと同時に開発が決定した。

2000/2/29、B777-300ERと同時に開発決定。
2005/3/8、初号機が初飛行。(登録記号不明)
2005/11/10、東回りで香港-ロンドン間(21,600km)を22時間42分かけて飛行。 (民間機航続距離世界記録)(登録記号不明)
2006/3/3、PIAで初商用運航。

元々の計画では、-300ERの1年遅れで作業が進められる予定だったが、 2001年に起きた9.11で中断され、2003年3月12日に再開された。

日本のエアラインでは導入していない。

B777-300ER

B777-300より航続距離を延長したタイプ(Extended Range)。

2000/2/29、B777-200LRと同時に開発決定。
2000/3/31、JALが初発注。
2002/11/14、初号機(N5017V)がロールアウト。
2003/2/24、初号機(N5017V)が初飛行。
2003/4/6、2号機(N5016R)が初飛行。
2004/3/16、型式証明を取得。
2004/4/29、AFRへ引渡し。(F-GSQA)
2004/5/10、AFRで初の商用運航。

日本のエアラインはANA、JALが導入。初号機(N5016R)と2号機(N5017V)はJALで運航されている。

B777Freighter

B777-200LRをベースとしたB777の純貨物型。

2005/5/24、AFRが初発注(5機)。(ローンチ)

B777X

B777ファミリーの後継機として開発中のタイプ。

2012/10/4、Boeing社が777Xを2019年までに市場投入を検討していると発表。
2013/3/15、エンジン開発パートナーにGEを選定。
2013/9/19、ルフトハンザグループが777-9を34機発注。
2013/11/17、ドバイ航空ショーで777Xがローンチ。
エティハド航空が777-9型機を17機、777-8を8機発注。
2019/3/13、エバレット工場にて初号機777X(X779XW)が従業員向けにお披露目。
2020/1/26(JST)、初号機(N779XW)が初飛行。

日本のエアラインはANAが導入予定。