Diary

12/82021

B787プレミアムクラスでビール飲んできた。

12月が誕生日のわたし。自分への誕生日プレゼントとしてB777に乗ろうとJAL902(那覇-羽田)の航空券を予約しました。

復路便は機材がB777の丁度良い時間の便がなかったので、プレミアムクラスにアップグレード出来ることを願ってANA B787を選びました。

前日予約ページから幸運にも窓側席のプレミアムクラスにアップグレードすることができ、贅沢な時間を過ごすことが出来ました。

搭乗機はANA B787-9 JA830A。何度かお世話になっている機体でした。

JA830A

B787のプレミアムクラスのシートはこんな感じ。

羽田空港RWY22からの離陸。駐機しているたくさんのB777を見ながらの離陸、そして夕焼けを背景に富士山も見ることができたので眼福でした。

B772の推し機、JA702A

綺麗な富士山

お楽しみの軽食。今回ばかりはビールをいただきました(*'▽')!

12月1日からメニューが新しくなったらしく、特にデザートの伊予柑のショコラがとても好きな味でした。

B787のプレミアムクラスはこんな感じ。

最前列だったので座席ポケットは前の壁に。

モニターも前の壁に。

隣席との間には仕切り、そして読書灯

なにか書物を収納できそうなポケット。

テーブルはサイドから引っ張り出せます。

CAさんのご好意でログブックを書いていただき、プレミアムクラスでは提供がない、12月から始まった「鬼滅の刃」コラボの紙コップをいただきました。

刻々と変わる夕焼けを見ながら優雅な時間。

ただ上昇中もだったのですが巡航中も珍しく激しい横揺れに襲われました。
ドリンクサービス中のなかなか長い揺れだったので、すぐにCAさんが飲み物がこぼれないようコップの蓋を配っており、細やかなサービスに感動しました。

完全に日が沈んだ那覇空港RWY36Lへ着陸。

幸運にもプレミアムクラスで過ごせた復路。 誕生日プレゼントには贅沢すぎるフライトでした。

帰りはもちろんJA773Jを見て帰りました。