Diary

10/82021

船チャーターして飛行機撮ってみた。

2021年9月、ANAさんが企画したA380による成田-那覇チャーターが行われ、24日から26日までの3日間、"ホヌ"ことANAのA380が那覇空港に滞在しました。

ホヌが成田に帰る最終日の25日、離陸時刻は14時頃ということで瀬長島や那覇空港ターミナルから撮るには逆光なので、 思い切って船をチャーターして、那覇空港西側の沖から撮ることにしました。

ホヌの方は前回のDiaryに書いたので、今回はその他の飛行機がどう撮れたのかまとめていきたいと思います。

船を出していただいたのは、 KANAHA FISHING OKINAWA さん。

普段は体験フィッシングをされているところですが、 今回は調整の上、あくまで飛行機撮影を目的に船を出してくださることになりました。

チャーター船

「美々ビーチいとまん」近くの港「糸満フィッシャリーナ」から出港し、那覇空港西側沖へ進行。

景色最高。

いきなり大好きな飛行機、B777の着陸を見ることが出来ました。真下から見るトリプルは迫力満点。

管制塔とも絡めて。


もう少し沖に出て、着陸する飛行機を順光になる真横からパシャリ。

ANA B787


ANA B787 瀬長島と。


ANA B787 管制塔と。


JAC(Japna air commuter)のATRは2号機のハイビスカスちゃんが飛んできてくれました。

ハイビスカス可愛い。


那覇空港の常連、B737-800。


ANA B787


ANA B787 街を背景に。


チビアラちゃんこと、ANA B737-800 JA51ANも飛んできてくれました。

その他にも那覇空港でよく見かける飛行機たちを。

CH-47(チヌーク)。


Peach A320


頭上でF15が華麗にアプローチ。背景が雲だったのが惜しまれました。

この日は2機しか来なかったJAL B777-200ERもしっかり捕らえました。

離陸もなんとか捕獲。

今回のわたしのベストショット。


海上自衛隊の哨戒機P3がずっとタッチアンドゴーをしていたので、捻りも撮ることが出来ました。

チビアラちゃんとホヌのツーショット。

到着機がRWY36L側に降りるような流れになってしまったようで、瀬長島ウミカジテラスと絡めようとするもなかなか上手くいかず。

終わりの時間が近づいてきたので、傾いた太陽を横目に帰還。

港に着いて、夕日をバックにアプローチするJAL A350を見て終了。

この日は風も穏やかで、波も高くなく、撮影には持ってこいの日和でしたが、 それでも飛行機を撮るとなるとまず被写体をフレームの中に入れるのが一苦労、それからピントを合わせるのにも一苦労で、 船からの撮影の難しさが身に染みた日となりました。

船をチャーターしていただいた船長さんはとても気さくな方で、「ここで撮りたい」「あそこで撮りたい」という要望に細かく答えていただき、 最高の撮影となりました。ありがとうございました。

KANAHA FISHING OKINAWA さんのインスタグラムをこちらに貼っておきます。