Diary

8/182021

JALのone world塗装機、残り1機。

先日8月17日、 JALのB777-200ERであるJA708JがJL8102として成田空港よりサザンカリフォルニア・ロジスティクス空港(ヴィクターヴィル)へ向け旅立ちました。

JA708Jは、GEエンジンを搭載した機体で、2004年6月25日にJALへ登録された後17年間ずっと国際線を主に飛び続け、 最後は退役したB777-200/200ERの穴を埋めるため、貨物便として日本国内にも投入されていました。

これでJALのB777-200ERの退役機は全部でJA704、705、706、707、708、711Jの6機となりました。

元々JALは2020年10月末の「2021年3月期の第2四半期連結業績」にて、 B777-200(13機)は2022年度末、200ER(11機)は2020年度末までに全て退役させる方針を決定していましたが、 P&Wエンジン問題があり、B777-200が全機2020年度末を以て退役したからか、-200ERは現在も空を飛び続けている状態です。

B777-200ERの中でも既に退役している機体はいて、2021年6月16日時点では以下のようになっていました。

701J312席702J312席
703J312席704J236席 2020/7退役
705J236席 2020/9退役706J236席 2020/11退役
707J236席 2021/6退役708J236席
709J312席710J312席
711J245席 2021/3退役

この表から、どうやら退役機は旧シート仕様の機体が退役していることが予想できたので、 もし次、離日する機体があるとするなら退役した機体と同じ座席数である「JA708J」だと目星はつけていましたが、 この度現実となってしまいました。

そしてこの「JA708J」は"one world塗装機"だったので、 この機体の退役を以てJALが保有するone world塗装機は残り1機、JA732J(B777-300ER)のみとなりました。

JALが保有している(していた)one world塗装機は6機です。
B767-300 JA8980 事実上退役
B777-200 JA771J P&W問題により退役
B777-300 JA752J P&W問題により退役
B777-200ER JA706J 2021年1月27日離日
B777-200ER JA708J 2021年6月17日離日
B777-300ER JA732J 現役

今のところJA732Jは現役でバリバリ国内も海外も飛んでいるようですが、いつ退役の波が押し寄せるのか、ハラハラしています。

JALのB777には乗らなきゃ乗らなきゃと思いながら、経済的にも時期的にも(特にコロナ)機会を失ってばかり。 本当に早く乗っておかないと後悔しそう(´・ω・`)

JA8980

JA771J

JA752J

JA708J

JA732J

JA706Jは一度も会えないままさよならでした。悲しい。