Diary

6/212021

翼のレストランでJA779Aにお別れを。

コロナ禍で続々とその数を減らしているB777。 その禍中で退役するANAのB777-300ER JA779Aの中で退役セレモニー 「翼のレストランHANEDAありがとうトリプルセブンJA779A」が6月19日、20日に羽田空港で行われたので 翼のレストラン自体は2度目ですが、"これは行かねば!!"と思い行ってきました。

お値段はお酒の提供がないからか、ファーストクラスが49,800円、ビジネスクラスが26,800円でした。 私はもちろんビジネスクラス。前回が和食だったので、今回は洋食(魚)を選びました。

今回は沖縄から当日入りしたので、羽田空港に到着後10時半頃受付をし、
航空券
ANA LOUNGE利用券
機体メッセージ記入の手順書
を頂いて、保安検査場を通過。LOUNGEにも入りましたがすぐに出て、搭乗口69番へ行きました。

機体はもちろんB777-300ER、JA779A。

航空券には、
便名:NH7777
出発地:TOKYO/HND 到着地:FRANKFURT/FRA
出発時刻:11:30
が書かれていて、搭乗口の電光掲示板にも同じことが表示されていました。

ファーストクラスの方から案内が開始され、次にビジネスクラス。 航空機のドア前には例のくまさんとJA741Aのビニール風船が置いてあって、パシャリ。

今回の席も運が良いことに右の窓側席でした。 席には
ひざ掛け/毛布/枕/スリッパ/アメニティセット
が置いてあり、横には
JA779Aの歴史が書かれたとメニューが書かれたパンフレット
搭乗証明書
がありました。搭乗証明書には一人一人メッセージが書かれていて、しかもちゃんと個人を調べてくださっているようで、 前回のレストランに参加したことも書いてあって感動しました。

ノンアルコールビールでお料理スタート。どれもこれも美味しかった。 特にデザートの"エモーション エトネ"というのがココナッツ風味でフルーツも合わさってとてもとても好きな味でした。

ギャレーに飾ってあったくまさん、JA741Aと共に写真を撮っていただきました。

パイロットさんのJA779Aでのエピソードトーク、整備士さんの飛行機の話があり、本当にたくさんの人を 乗せて飛んできたんだなぁとしみじみ。貴重なお話でした。

普段あまり撮ることのない天井!エンジン内側にはGE90の文字!!ドア!!!そしてそこから見える景色。

機体へメッセージを書く時間は、席ごとに優先時間が決まっていたので、指定された時間に出入口ドアの所まで。 制限時間は5分でしたが考えに考えたメッセージを残し、記念写真も撮っていただきました。 使用したペンは特殊らしく、このまま消えずにアメリカまで飛んでくれるそうです。嬉しい。。

時間が経つのは早く、午後2時30分。翼のレストランが終了。

別れを惜しみつつ泣く泣く会場を去りました。

今回レストランに合わせて嬉しかったのが政府専用機の飛来。 着陸は残念な撮り逃がしをしましたが、そのあと機体横を通り過ぎてくれました!!!!最高だった。。。

そのほかにもたくさんの機体が通過していました。

2007年4月28日、ペインフィールド空港から成田に来て、5月20日にNH12(成田-シカゴ)でデビュー。 全世界を飛び回り、日本でもチャーターとして仙台、関空に来たこともあるらしい、この機体。 2021年3月28日にNH7(サンフランシスコ-成田)で退役をしていたそうです。

コロナがなければこんな貴重な機会はなく、でもコロナがなければまだまだ現役でお客さんを乗せて飛んでいただろうJA779A。 ありがとう。お疲れ様でした。

今回は飛行機ピアスを付けた気合の入った状態で搭乗。 何度も涙が出そうになりましたが、何とか耐えました。