Diary

6/12021

JALのB777-200ER、残り6機。

今日、ANAのB777-300ERのJA735Aが午前中離日したと思ったら、 夕方には成田からJALのB777-200ER JA707Jがヴィクターヴィルへ向け離日してしまいました。

現在、JALのB777は、-200と300は2020年度末までに全機退役しています。

残るは
ボーイング777-200ER:6機
ボーイング777-300ER:13機
となりました。

-300ERは現在時点(2021/6/1)では1機も退役していませんが、-200ERはちらほらと退役しています。 退役する機体と生き残っている機体は何が違うのか調べてみました。

B777-200ER

2021年5月末時点:6機

701J312席702J312席
703J312席704J236席 2020/7退役
705J236席 2020/9退役706J236席 2020/11退役
707J236席 2021/6退役708J236席
709J312席710J312席
711J245席 2021/3退役

JALは2019年12月、JA702Jのプレミアムエコノミーを廃止し、ビジネスクラスを削減、 エコノミークラスを増席させたハイデンシティ仕様(312席)に改修しました。

これは2020年の東京オリンピックに向けたもので、
JA702Jに加え、JA701J、703J、709J、710J
が対象になりました。(この状況になり、今は日本中を飛び回っています。)

今日まで退役した機体を見ると、ハイデンシティ仕様に改修されていない飛行機たちが退役しており、 生き残りは、one world塗装のJA708Jだけとなっています。もしかしたら次はJA708Jが退役対象なのでしょうか。

その他ハイデンシティ仕様となっているJA701J、702J、703J、709J、710Jは日本の路線で活躍中です。 今なら国内線で国際線仕様のトリプルに乗れるのでチャンスを伺っているのですが、お金とコロナと時間で乗れずにいます。 どうにか乗りたいところ(´・ω・`)

JA701J

JA703J

JA705J

JA707J

JA709J

JA711J